Backboneコントローラ(USB-C)(第1世代)のファームウェアを更新してiOSに対応させる

注意:この記事はBackbone Oneコントローラ(USB-C)(第1世代)用です。 Backbone Oneコントローラ(第2世代)をお持ちの場合、ファームウェアは他のiOSデバイスに対応しています。 必要であれば、この記事の下にある指示に従って、コントローラが第1世代か第2世代かを確認することができます。

Appleの新テクノロジーのため、ファームウェアを更新しないとコントローラはiPhone 15を認識しません。 サードパーティの小売店、中古品、または当社倉庫での更新前に購入されたBackbone Oneコントローラは、新しいiPhone 15シリーズと互換性を持たせるためにファームウェアの更新が必要です。

ホームからのファームウェアの更新

1. お使いのデバイスはAndroidしか認識しないため、Backbone(USB-C)をAndroidデバイスに接続することができます。 このデバイスは一度だけ接続する必要があるので、Androidをお持ちでない場合は借りるのがいいでしょう。数分で完了します! 

2. AndroidデバイスにBackboneアプリがインストールされていることを確認します(特に友人のAndroidデバイスを借りる場合は、ログインの必要はありません)。

3. 更新を実行します。

4. 更新されていることを確認します。 Backboneアプリ > 「メニュー」> 「設定」 > 「コントローラタブ」 > 「コントローラ」 > 「ファームウェア」にアクセスします。 ユニバーサルな互換性を確保するには、ファームウェア1.2.2またはそれ以降が必要です。

5. iPhoneを再起動します。

更新が完了したら、ゲームの準備は完了です。Backboneコントローラ(USB-C)は、Androidを接続しなくてもiPhone 15モデルと互換性があります。

Androidスマートフォンを利用できない場合

こちらのフォームにご記入ください。現在お使いのBackboneコントローラを返送していただくための返送用ラベルをお送りします。ファームウェアがあらかじめインストールされた新しいBackbone(USB-C)をお送りします。

第1世代、第2世代はどのように分かりますか?

    • 製品パッケージの底、左側をご覧ください。 「(第2世代)」という表示があるはずです。
    • Backbone Oneを使って、スマートフォンに接続し、Backboneアプリを開きます。
      • 左上のハンバーガーアイコンをタップし、設定を意味する歯車アイコン ⚙️ をタップします。
      • 「コントローラ」をタップし、もう一度「コントローラ」をタップします。
      • 第2世代のコントローラの場合、型番は「BB-51-P-B」または「BB-51-P-W」です。

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
共有