Android:
Backboneのゲーム録画、編集、共有ツールは、スマートフォンのネイティブ画面解像度を30FPSでサポートしています。 PlayStationにはデジタル著作権管理で保護されたコンテンツがあり、このコンテンツを録画すると黒い画面になることにご留意ください。 PlayStationのゲームを録画するには、PSリモートプレイアプリに内蔵されたPlayStationの画面録画を使用し、PSNを通じてコンテンツを共有することをお勧めします。

iPhone:
Backboneのゲーム録画、編集、共有ツールは、1080p/60FPSのゲーム録画をサポートするようになりました。 また、60FPSのHEVCエンコーディング(デフォルトで有効)をサポートしています。つまり、ファイルのサイズはH.264エンコーディングされた動画の約半分で、品質はほぼ変わりません。

また、Backboneの機械学習を利用したアクティビティ機能で効率的な編集を行うこともできるので、ぜひお試しください。

60FPSを有効にすると、Backboneは一部のハイエンドデバイスで最大30mbpsのビットレートをサポートします。 また、最新のアプリ更新ではデフォルトで有効になっています。 Backboneのゲーム録画画質は、PS5やXbox Series Xのデフォルトと同等になりました。

このセクションの記事

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
共有